内子中岡農園

 中岡農園では、出来る限り、農薬・化学肥料を使わない栽培を心がけ、 自然や生物にとって安全・安心なものづくりを目指し、日々、頑張っております。

日本蜜蜂

蜂蜜の中の気泡は

蜂蜜を販売用の瓶に移す時、気泡が入ります。
ご存知の通り蜂蜜には「粘り」がありますので気泡が抜けるのに1週間~数週間かかる場合があります。

不純物などではありませんのでご安心下さい

これは、泡が少ないほうです。
DSC_0195

DSC_0198

こちらは、ビールのように細かい泡が沢山あります。
が、普通です。
DSCN0114

DSCN0119

蜂蜜の出荷準備

大瓶(1800CC)の蜂蜜を出荷用の瓶に小分けする作業です

まずは煮沸消毒 約10分
こちらは瓶です
DSC_0186

煮沸消毒 約10分
こちらはフタです
DSC_0187

小分け後、内容量を計って確認
DSC_0190

こちらの瓶は、最大200g入ります
販売用には180g~190gで納品になります(表記は180gです)。
350ccの缶ビールと大きさを比べると、瓶のイメージが伝わりやすいと思い一緒に撮りました

一番右側の瓶は泡だらけに見えますが、蜂蜜を最後に詰めたものです。
数分の差で他の瓶は泡が少なく見えます。
右奥に少し写っているのが大瓶(1800cc入り)です。
ここから小分けします
DSC_0192

蜂蜜用の瓶を新しくしました

100gの瓶を少し大きめのものに変更しました
内容量は180g~最大200g入ります
ショッピングサイトで販売する場合、180gで表記しますが、およそ180~190gの範囲になります。

瓶の大きさをイメージしやすいように、缶コーヒーを一緒に写しました
真ん中の瓶が新しいパッケージです
右側の瓶は今までのパッケージ。こちらの容量は100gでした。
みかけは少ししか大きくなっていませんが、下記の通りです。
DSC_0689

蜂蜜を入れる前の瓶の重さ:170g
DSC_0189

蜂蜜を入た後の重さ:350g
よって、蜂蜜は 350-170=180  180gとなります
DSC_0190

DSCN0107

蜂蜜の入っている瓶は、今まで使ってた100gのものです
DSCN0109

日本蜜蜂の越冬

2014年12月21日 16時頃撮影

蜜蜂の巣に古くなった毛布などを巻きつけています
蜜蜂さん
無事越冬してくださいね

DSCN0157

DSCN0159

越冬する日本蜜蜂

2014年12月13日
愛媛県内子町の山間部には雪が積もりました。
冬でも暖かい日には蜜蜂の活動がみられますが
さすがに今日は一匹も姿をみせません

蜜蜂さん、たまにはゆっくり休んでください。
DSC_0019

DSC_0020

DSC_0021

DSC_0022

DSC_0023

DSC_0024

DSC_0025

DSC_0026

DSC_0109

DSCN0025

蜂蜜収穫 2014/07/20 (1/2)

2014年7月20日
蜂蜜収穫

本日2個目です

うちが養蜂している巣の中で珍しく四角の巣箱です

この巣は3列残して収穫させていただきました
丸い巣より
四角い巣の方が容積が広いので
収穫量も心持ち多く感じます

DSCN0446

DSCN0447

DSCN0451

DSCN0454

蜂蜜収穫 2014/07/20 (1/2)

2014年7月20日
蜂蜜を収穫しました

じゃが芋畑のすぐ隣にある巣です
この周辺には
栗・桜・菜の花・クローバー・・・・などの花が咲いていました

巣の中がギッシリ詰まっています
これでは蜂の住む場所が無いのでは?と思われるくらいです(^_^;)

2列残して収穫させていただきました。
次の収穫は1年後です
蜜蜂さん
有難うございます
感謝

DSCN0417

DSCN0421

DSCN0423

DSCN0428