内子中岡農園

 中岡農園では、出来る限り、農薬・化学肥料を使わない栽培を心がけ、 自然や生物にとって安全・安心なものづくりを目指し、日々、頑張っております。

01月

人参収穫日記(1月25日)

DSCN0168
人参を収穫しました
軽そうに担いでいますが、約20キロ
重いです
母に撮ってもらいました

DSC_0193

DSCN0141
山畑の粘土質の土ですくすく育っています。

DSC_0194

DSCN0172
手洗い作業
これがなかなか時間が掛かります。
冷たいし。

DSCN0175
野うさぎに齧(かじ)られた人参
あれも、これもとつまみ食いしないで
一本丸ごと食べてくれると被害が少ないんだけどな(^-^;)
今回の収穫では約20本、齧(かじ)られていました。

DSCN0181
これで約40キロ。
今日は約100キロ収穫しました。

蜂蜜の中の気泡は

蜂蜜を販売用の瓶に移す時、気泡が入ります。
ご存知の通り蜂蜜には「粘り」がありますので気泡が抜けるのに1週間~数週間かかる場合があります。

不純物などではありませんのでご安心下さい

これは、泡が少ないほうです。
DSC_0195

DSC_0198

こちらは、ビールのように細かい泡が沢山あります。
が、普通です。
DSCN0114

DSCN0119

蜂蜜の出荷準備

大瓶(1800CC)の蜂蜜を出荷用の瓶に小分けする作業です

まずは煮沸消毒 約10分
こちらは瓶です
DSC_0186

煮沸消毒 約10分
こちらはフタです
DSC_0187

小分け後、内容量を計って確認
DSC_0190

こちらの瓶は、最大200g入ります
販売用には180g~190gで納品になります(表記は180gです)。
350ccの缶ビールと大きさを比べると、瓶のイメージが伝わりやすいと思い一緒に撮りました

一番右側の瓶は泡だらけに見えますが、蜂蜜を最後に詰めたものです。
数分の差で他の瓶は泡が少なく見えます。
右奥に少し写っているのが大瓶(1800cc入り)です。
ここから小分けします
DSC_0192

蜂蜜用の瓶を新しくしました

100gの瓶を少し大きめのものに変更しました
内容量は180g~最大200g入ります
ショッピングサイトで販売する場合、180gで表記しますが、およそ180~190gの範囲になります。

瓶の大きさをイメージしやすいように、缶コーヒーを一緒に写しました
真ん中の瓶が新しいパッケージです
右側の瓶は今までのパッケージ。こちらの容量は100gでした。
みかけは少ししか大きくなっていませんが、下記の通りです。
DSC_0689

蜂蜜を入れる前の瓶の重さ:170g
DSC_0189

蜂蜜を入た後の重さ:350g
よって、蜂蜜は 350-170=180  180gとなります
DSC_0190

DSCN0107

蜂蜜の入っている瓶は、今まで使ってた100gのものです
DSCN0109

人参収穫150110

人参収穫
今日は雪は有りません
(この地域は年に5~10回しか雪は積もりません。積もった雪も1日~数日で解けます)

背景に写っている青いネットは、野うさぎに食べられるのを少しでも減らす工夫です(^-^;)
効果は有ります

DSC_0152

一番右側のキャリーには規格外(割れ過ぎ等)と大根が入っています
大根は自家用です(^-^;)
キャリー1ケースに約15キロ入ります。
DSC_0155